特別加入制度 徹底活用ガイド

一人親方でも労災保険に加入できる制度

普段私たちはあまり労働災害について考えることは少ないかもしれません。もちろん、一番良いのは労働災害のない世の中です。しかし、残念ながら実際には毎年労働災害が発生しており、それによってケガだけではなく命を失うという最悪の状況も生じています。

さて、労働災害に遭うとただケガをしたという損害だけではなく、今までどおり働けなくなるという場合もあります。そのため、その後の生活を営むことも難しくなるという不安があります。しかし、そうした状況でもきちんとした補償を受けることができるように準備されているのが労災保険です。

さて、労災保険は基本的に事業主が従業員のために加入させるものです。それで、事業主が労災保険に加入することはできません。しかし、実際に多くの中小企業、または一人親方といわれる人たちは事業主でありながら、職人として労働しています。そこで、そうした人々の必要を満たすために準備されているのが労災保険特別加入という制度です。これは一人親方でも労災保険に加入することができる制度です。

では、労災保険に加入する際に気をつけるべきこととは何でしょうか。それは加入する組合によってかなり費用が変わってくることです。例えば、いわゆる業界、地域の同業者で構成されている組合では組合費がかかります。保険料のほかにいろいろな費用を負担しなければならなくなるのです。

一方で、インターネットでも現在では加入できる組合もあります。もちろん、それぞれメリットデメリットがあるのですが、大切なのはただ何でも同じだと思い、組合に加入するのではなく、自分で調べてから加入する組合を選ぶことが大切です。